上海在住(予定)家庭のための
教育情報サポートセンター
エデュイック(Shanghai)

お問合せ総合窓口
TEL: +86-21-6219-3905
Mail: info@eduic-sh.com

HOME > TOEIC申込代行サービス

TOEIC申込代行サービスのご案内

 
当センターでは、上海でTOEICを受験希望の方向けに、申込代行サービスを行っています。

<対象>
 上海在住日本人で、下記に該当する方。
・中国語での申込みが難しい
・支付宝(オンライン決済)での支払ができない

※上海での日本人TOEIC受験事情(本ページの最下段)をご参照いただき、ご自身での申込みが難しいと感じられる方はぜひご検討ください。

<サポート内容>
 ・インターネット申込代行
 ・受験料オンライン支払代行
 ・受験票をメール添付にて送信。
 ・当日注意事項の日本語訳をメールにて送信
 ・結果証明書をご希望住所へ郵送。

<サービスのメリット>
・日本語のみで申込みができる
・現金、または銀行振込で支払いができる
・事前注意事項が日本語で把握できる

<注意①>
 試験当日のサポートは行いません。
 
<注意②>
 事前に注意事項等の日本語訳をお送りしますが、
 当日は受付でのやりとり、注意事項の聞き取りができる
 最低限の中国語力が必要とされます。
 
<試験日&申込締切日>
試験日:  12/17(日) 申込締切: 11/17(金)
試験日:  1/21(日) 申込締切: 12/21(木)
試験日:  2/25(日) 申込締切: 1/25(木)
試験日:  3/18(日) 申込締切: 2/15(木)
試験日:  4/15(日) 申込締切: 3/15(木)

<費用>
800元(受験料込み)

<申込から受験までの流れ>
①申込フォームに入力のうえ、送信してください。
②支払いを現金、または銀行振込にて行ってください。
 ※①②が完了次第、正式な申込となります。
③試験週の月曜日に受験票、注意事項(日本語)をメール添付にお送りします。
④試験当日
 ※当日のサポートはありません。
⑤試験後約3週間後に結果速報をメールにてお送りします。
⑥試験後約5週間後に正式な結果票をご希望住所に郵送します。


※フォームを送信しても請求となりませんのでご安心ください。
※hotmail以外のメールアドレスでお問合せ下さい。

<お問い合わせ>
 教育情報センター(上海) 5211-0170 info@eduic-sh.com

【参考】上海での日本人TOEIC受験事情(2015/8/30の試験)

<申込>
インターネットのみ。中国語。支払いは「支付宝」のみ。
<試験1週間前>
受験票がメールに添付されてくる。プリントアウトする。
<8:30会場集合>
会場は上海外国語大学。広大なキャンパス内で試験教室(棟)が異なるため、案内掲示を探すが、なかなか見つからず。歩いているスタッフに受験票を見せて指差し確認。
<8:45試験教室に入室>
1.指定された棟に入る。どの教室に入るかわからない。どの教室も長い列ができており、案内掲示がない。近くのスタッフに受験票を見せて指差し確認。
2.指示された教室に入るが、受験番号によって並ぶ列が異なり、違う列に並んでいたため、並び直し。
3.受付で受験票とパスポートを提示。受付完了
4.自分の机を探しているとスタッフが声をかけて来る。「受験番号は?」と聞かれたが、すでに受験票を提出しており確認するものがない。覚えていた番号を伝えて誘導してもらう。
5.黒板に中国語で各種注意事項が書いてある。責任者が中国語で注意事項を伝えている。
6..周りの受験者を見て、「筆記用具、身分証明以外は壁際に置く」ことが判明。
7.表面の個人情報を記入しようとしたが、周りが記入していないので様子を見る。
<9:00個人情報記入>
やはり、個人情報は一斉に指示されながら記入することになっていた。
説明は全て中国語。記入例が配られていたが、
1.国籍番号
2.第一言語番号
3.ID番号(中国のID用なので数字のみ・外国人のパスポート情報を記入する様式はない)
など、記入例にない。
黒板を見ると1,2が書かれてあったので、その番号を記入。
3の情報は依然不明なので近くのスタッフに質問。責任者が来て「パスポート番号を記入」と指示される。「アルファベットはどうするか?」と質問したところ「数字だけで大丈夫」とのこと。
<9:15注意事項放送開始>
中国語での放送。
<9:25試験開始>
全て英語での指示なので試験は問題なく受験できる。
<11:25試験終了>
解答用紙、問題用紙ともに回収。
以上のような流れでした。
試験が始まると全く問題ありません。
ただ、試験開始前の
・集合
・受付
・個人情報記入
・注意事項の確認
が理解、質問できるだけの中国語力が必要です。
受験者の大半が大学生以上で、小中学生はほとんど受験していませんでした。

2016年からTOEICが変わります。

500点台の方へ

600点台の方へ

上海在住のご家庭へ
海外子女教育専門アドバイザー「海外(上海)ならではの教育相談」
海外子女教育専門アドバイザー「海外(上海)ならではの教育相談」
セミナー・説明会・模試情報などなど「上海の教育イベント・プログラム」
リストから探すマップから探す「インター・現地校情報」
海外子女教育専門アドバイザー「インター・現地校の選択カウンセリング」
インター・現地校家庭に支持されています「英語・中国語の家庭教師紹介」

上海赴任予定のご家庭へ
学校&塾&語学教室事情を把握「上海の教育事情オリエンテーション」
リストから探すマップから探す「インター・現地校情報」

ページの先頭へ